「ほっ」と。キャンペーン

海の向こう米国で

平成20年12月12日金曜日
晴れ

朝8時から南流山にて、自民党千葉県連女性局の「さわやかパーティー」に向かう流山市支部女性局の20数名をお見送り。

その後、本日は様々な事務作業。

海の向こう米国で懸案となっていたビッグスリー救済法案が成立しなかったとのこと。
ビッグスリーとはGM、フォード、クライスラーという3大自動車企業のことであり、資金繰りが厳しいこれら企業に100億ドルを超える融資を行う法案であった。結果として不成立であるため、これら企業は早ければ来年早々から資金ショートそして倒産という流れになると予想される。
アメリカという国を象徴する企業の倒産が現実味を帯びている。いよいよ厳しい局面に入ってきた。これを世界恐慌のはじまりであると教えてくれる方もいた。何しろ予断は許されない。

わが国では本日23兆円の追加経済対策が発表された。
麻生首相には、どうか落ち着いて取り組んでもらいたい。くだらない足の引っ張り合いなどしないで皆で支えていかなければならない。この数ヶ月の対応が重要な意味を持つであろう。
[PR]
by takeda-hashiru | 2008-12-12 23:11 | 地元行事・地域活動 | Comments(0)
<< 師走の土曜日 介護の現場について >>