自由民主党流山市支部の対応

平成21年3月1日日曜日

18時から自由民主党流山市支部の役員会。
メインのテーマは早くも3月29日投票に迫った千葉県知事選。
自由民主党千葉県連は「自主投票」という決定を打ち出して久しいが、
やはり流山市支部として一定の方針を出す必要があろうということで議論が交わされた。

その結果、
国政衆参あわせて3期という「経験面」、
つくばエクスプレス東京駅延伸や沿線開発をマニフェストに盛り込む予定であるという「流山にとっての政策面」、
支部として4年前に応援した経緯があること、
そして最後に前回落選後4年間絶やさなかった「千葉県知事へ情熱」を判断材料として、

自由民主党流山市支部としては森田健作氏を支持することに決定した。

多くの自民党所属の流山市議会議員の方々もその決定に従う方針と伺っている。
候補が出揃い、取り巻く情勢がある程度見えてきた現段階における十分かつ慎重な議論を経た上での決定であることから、重く尊い。
私自身も気を引き締めて誠実に応援をしていくつもりである。

早速この決定を日頃からお世話になっている方々に電話で報告。

本日は以上。
[PR]
by takeda-hashiru | 2009-03-01 23:05 | 政党活動 | Comments(0)
<< 流山市内を廻る廻る 民謡発表会 >>