あらためて振返ると

平成21年9月3日木曜日
晴れ

あたらめて先日の衆議院選挙を振返ると、
人の選挙を一生懸命応援したり、党務に熱心に取り組んでいらした方々が軒並み落選してしまったことを悲しく思う。やるせない気持ちである。必ずや無念を晴らしていただきたい。

午前中は事務作業。
選挙ばかりのひと月であったため、個人的な手続きの幾つかをすっかりと忘れてしまっていることに気づいて焦る。

午後は、市内の経営者とお茶を飲みながら、新しい後援会に関するミーティング。

19時30分から流山青年会議所の理事会。

運河「イニサジャ」から南流山「海風」へと流山縦断のお店移動をして、帰宅遅し。皆、話題に尽きることはない。

おわり。
[PR]
by takeda-hashiru | 2009-09-03 23:59 | 地元行事・地域活動 | Comments(3)
Commented by とりごん at 2009-09-11 21:26 x
>>人の選挙を一生懸命応援したり、党務に熱心に取り組んでいらした方々が軒並み落選してしまったことを悲しく思う。やるせない気持ちである。必ずや無念を晴らしていただきたい。

国民の生活の支店が完全に欠落している本性が出てきたように思いますね。これが自民だ。
Commented by takeda-hashiru at 2009-09-12 01:15
とりごん様
ありがとうございます。わが国の文化伝統を護りつつ、そして国民の皆様お一人お一人の気持ちを真摯に受けとめ、なおかつ孫子に誇れるような日本の将来のために今必要なことを積み重ねていく。そういう自由民主党を再生させるために微力ながら頑張ってまいります。
Commented by 県民ビーフン at 2009-09-12 09:49 x
お疲れ様でした。そして比例復活当選よかったですね。
「国民のため」の本当の意味を考えさせられる選挙でした。
「生活を守る」のは当たり前で、目先の生活だけに焦点を当てるのは、平和であることが前提で、目くらませのように思えました。たしかに庶民がわかるだろうけど、元々政治家志望でもない素人ばかりに国政を任せるのも正直不安。
今回は、自民には政治を任せられないというよりは、こんな大変な時期に内輪モメしてんじゃねーよ!という怒りの結果であり、これは長年与党の結末なんだろうと思います。自民の悪い部分を改善する良い機会だったのかもしれませんね。

珍しく真面目なコメントしてしまいました(笑
<< 母校 八木中学校体育祭 肌寒い残暑 >>