平成21年をふりかえって

平成21年12月31日木曜日
くもり

本日は大晦日。
諏訪神社をはじめ流山市内を廻った一日。

今年一年間をふりかえりたい。

まず千葉県知事選挙、衆議院選挙という二つの大きな選挙があった。
知事選挙は、私も一生懸命応援した森田健作氏の圧勝であった。嬉しい。

そして衆議院選挙は、自由民主党が野党転落するという大変厳しい結果であったが、
我が地元では、さいとう健氏の初当選をサポートすることができた。

千葉県議会においては、
2月の予算委員会質疑、6月定例県議会、12月定例県議会にて一般質問を行った。今までの全5回の一般質問で取り上げている新流山橋の件は、ゆっくりとではあるが、着実に前進をしているといえるであろうし、私も微力ながらの一押しになっていると自負している。
そして県土整備常任委員会の副委員長を仰せつかった。まだまだ勉強中であるが引き続き頑張ってまいりたい。
また不正経理問題が発覚した。程度の低い、言語道断の実態。調査特別委員会の一員として再発防止策について検討を進めていく。

地元流山では昨年同様ほぼ全ての地域行事に出席した。挨拶が上手くなったと励ましを受ける。以前が下手すぎたともいえるようである。
6月には下総走武会(しもうさそうぶかい)という若者中心の後援会が発足した。バーベキュー大会も開催した。そして今また新たな後援会が設立準備段階にある。お骨折りをいただいている方々に心から感謝申し上げたい。

私生活では、社団法人流山青年会議所の第27代理事長を務めた。29歳の入会から数えて10年間の集大成となった一年であった。多くの若いメンバーの支えのおかげで役割をまっとうすることができた。指導するつもりが指導されて、実に勉強になった。

そしてとにかく。
至らない点は多々あるものの、平成21年も一生懸命生きました。

多くの方々のご支援ご指導が今まで以上に強く感じられるようになりました。

来年も頑張ります。参議院選挙応援もあるし、机の上での勉強にも力を入れていかなければと思ってます。

どうか今後ともご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げて私の年末の挨拶とさせていただきます。
この淡白なブログも引き続きご贔屓にしていただければ幸いです。

良いお年を。皆様方のご健康とご多幸を祈念申し上げます。

平成21年、おしまいです。
[PR]
by takeda-hashiru | 2009-12-31 23:11 | 地元行事・地域活動 | Comments(0)
<< あけましておめでとうございます 年末恒例餅つき >>