「ほっ」と。キャンペーン

雷神社 おびしゃ行事

b0116758_2326215.jpg平成22年1月20日水曜日
晴れ

午前中は自宅にて事務作業と読書。
昼食は、流山市内の若手経営者の方と一緒にミーティングをしながら、
流山「甲子屋」にてとんかつ定食。

14時30分には鰭ヶ崎雷(いかずち)神社に到着。
本日は、毎年恒例というか300年以上の歴史をもち、流山市指定無形民俗文化財でもある「雷神社おびしゃ行事」に参加。

まずは神事にて玉串奉奠(たまぐしほうてん)をさせていただく。
その後は弓矢。狙う先は赤鬼青鬼の的であり、鬼を倒して、五穀豊穣、家内安全そして商売繁盛を願うということのようである。2度射らせていただくも、2発とも的に当たらず。まあ気にしないことである。

その後は、直会(なおらい)という神事後の宴のようなもの。
挨拶をさせていただいた後に、赤城保存会による獅子舞などの歴史のある余興もあって楽しく神酒を頂戴した。
18時に終了。

19時からは松戸森のホールにて開催された松戸青年会議所の新年祝賀会に出席。

その後、21時半から流山青年会議所のメンバー一人と南流山にて軽く一杯。

帰宅22時30分。
おわり。
[PR]
by takeda-hashiru | 2010-01-20 23:27 | 地元行事・地域活動 | Comments(2)
Commented by 流山っ子 at 2010-01-21 10:59 x
 昨日は有り難うございました。
 弓矢は当たらなくても心配なさらないでください。
 当番の氏子が手作りで作成した矢ですから、真直ぐに飛んでくれません。
 毎年欠かさずに御出席頂き有り難う御座います。
 また来年も是非参加し下さい。
 
Commented by takeda-hashiru at 2010-01-27 18:51
流山っ子さま
ありがとうございました。
伝統ある素晴らしい行事ですね。気持ちよく呑んでしまいました(笑)
今後とも宜しくお願いいたします。
武田
<< 千葉にて 新年会の日々 >>