諏訪神社 春季大祭

平成22年4月23日金曜日


10時から流山市駒木の諏訪神社にて開催された春季大祭に来賓として出席。

神事の玉串奉奠そして
直会(なおらい)にて、来賓挨拶をさせていただいた。

流山市内全神社の氏子総代が集結するさまは迫力満点であった。

日本そして地域古来の伝統と歴史が引き継がれていく素晴らしさ。

招かれたことを名誉に感じた。

昼過ぎからは、流山市役所にて政務調査。

その後、流山市内のお宅を訪問。

夜は若手経営者と懇親を深めた。帰宅は遅い。

おわり。
[PR]
by takeda-hashiru | 2010-04-23 23:59 | 地元行事・地域活動 | Comments(3)
Commented by 流山っ子 at 2010-04-26 10:37 x
 諏訪神社の春季例会で、久しぶりにお会いしましたがお元気そうで何よりです。
 多少体重を減量した由、健康管理のためには是非必要なことであります。
 政治家は、健康が何よりの財産であります。大切な会議や行事に欠席すると忽ちにして重病説が流布されます。
 ぜひとも健康管理には留意いただき、千葉県政の発展にご尽力戴きたいと考えております。
Commented by takeda-hashiru at 2010-04-29 21:38
流山っ子 様
いつもコメントありがとうございます。
素晴らしいお祭りでした。そして伝統ある会に招待されたことが本当に光栄に感じました。
身体に気をつけて頑張っていきますので、今後とも宜しくお願いいたします。
Commented by 歩く松ぼう at 2010-04-29 22:57 x
神社の木々のざわめきを耳にすると、神様がいると感じられます。
伝統、歴史、文化を学び継承することは素晴らしいこと。
それを敬える先生も素晴らしいお方であると思います。
<< 流山市国際交流協会 総会 冬に逆戻り 降りしきる雨 >>