「ほっ」と。キャンペーン

第43回 千葉ブロック会員大会

b0116758_10252845.jpg平成22年9月23日秋分の日
くもりのち雨

千葉に宿泊した。
祝日である本日は青年会議所の「第43回 千葉ブロック会員大会」。
千葉県内にある25青年会議所のメンバーが集う大会。
会場はホテルグリーンタワー千葉。9時30分には会場入りする。

今日は、一年間の活動の総括であるとともに、40歳になって卒業を迎えるメンバーの卒業式でもある。
卒業式では、私も卒業生として壇上に立つも、卒業日12月末までまだ日があるためか、あまり実感がわかない。涙は出なかった。

対して泣けるほど嬉しかったのはアワード。アワードとは素晴らしい活動をした青年会議所の贈られる褒賞のこと。
なんと流山青年会議所の2009年度のまちづくり事業が県内81イベント中で最優秀である「グランプリ」に選ばれた。
2009年度は、私が理事長を務めさせていただいた年。

このまちづくり事業は「10000人で創る思い出の流山」と称し、流山市内15小学校全生徒によって15字の人文字をつくり、それをヘリコプターから空撮するというもの。ちなみに、その15文字とは「ともだちときずなが生まれた流山」で、長崎小学校生徒の作った言葉である。
いまでもこのボードは流山市内の全小学校内に飾られている。

以下のリンク参照。
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/top/jouhoukan/0911/koukuusyasin.htm

b0116758_10383215.jpgこの事業を企画し大変な苦労をしたK君、担当副理事長のM君そしてメンバーの皆と喜びを分かち合った。素晴らしいメンバーに恵まれて、私は本当に運がいい。
なんといっても一番、千葉県内で一番、ナンバーワンである。嬉しい!誇らしい!最高の一日であった。

皆でバスに乗って流山に帰る。

帰宅23時。
[PR]
by takeda-hashiru | 2010-09-23 23:59 | 地元行事・地域活動 | Comments(0)
<< いよいよ明日は ちば国体開会式 都市計画に関する勉強 >>