流山青年会議所 忘年例会

b0116758_1145261.jpg平成22年12月16日木曜日
晴れ

11時30分から柏にて会食会。

18時からはナプシャルズ日本閣南柏店にて開催された、社団法人流山青年会議所の2010年度忘年例会に出席。

伊藤理事長率いる2010年度の活動を労うとともに、40歳を迎えて卒業するメンバーの卒業式でもある。

今年卒業するのはK君そして私の2名。
昨年私が理事長を務めたときにお世話になったT君の送辞に対して、卒業生として答辞をした。
お酒が入ってないせいか、涙なく冷静に話をすることができた。

「12年間お世話になりました。今の私があるのは間違いなくこの会のおかげです。」

写真は卒業記念品として毎年恒例の隆勢陶板という品。
自分がもらう日がやってくるとは…感慨深い。
武田正光の頭字から始まる4つの漢詩が書かれている。
右から、
「武文にすぐれた英傑にして」、
「家の田は穀豊かなり」、
「正に偉い功績をあげ」、
「希望の光に満ち溢れ幸福なこと」、
とのこと。

先輩諸兄そして現役メンバーの皆さん。楽しい30代をありがとうございました。40代はもっと騒がしくしていきたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします。
[PR]
by takeda-hashiru | 2010-12-16 23:59 | 地元行事・地域活動 | Comments(0)
<< 議会最終日 冬の利根運河 >>