生涯忘れることのない一日

平成23年3月11日金曜日
晴れ

9時すぎに県庁に向けて出発。

本日は県議会議員としての任期最後の本会議の日。

11時すぎに千葉県庁に到着。

12時から昼食を食べながら社団法人千葉県調理師会の幹部との情報交換。

12時40分から議員総会。

13時から本会議開会。
諸般の報告から議案・請願の総括審議を経て、いよいよ採決の最中14時46分に大きな揺れを身体に感じる。地震である。かなり大きい!
何とか自席でとどまっている間に天井からパラパラと破片が降ってきた。まるで映画のようである。
慌てて廊下に飛び出したときに、さらに大きな揺れに襲われる。
とっさに共産党の女性県議と抱き合うように互いを支えあった。恐怖から、ここで人生が終わってしまうのではないかとすら思った。政治思想的に対極に位置するこの議員と抱き合った姿で発見される運命なのかとも…

その後、とりあえず落ち着きを取り戻した隙をみて議会は暫時休憩となる。
そして議会運営委員会にて対応を協議したのち、16時に閉会。

自民党控え室のテレビが被災地の惨状を映し出していた。
国内観測史上最大規模の地震とのことである。津波に押された船が田んぼを走っていた。

ただただお亡くなりになられた方々のご冥福を祈りたい。
被害を受けた方々へお見舞いを申し上げたい。

16時30分から京葉政経研究会の勉強会。
その後、保守政治研究会の勉強会。
電車も運行休止しているし、タクシーは捕まらない、そして電話は繋がらないため、どうにも動きがとれない。皆帰りたくても帰れないのである。
いろいろな方のお力を得て、やっとタクシーを拾えたのが23時近く。

車中にて、明日12日は私の後援会事務所開きの予定であるが、世の中の状況からして、とてもお祝いというわけにはいかないと考える。
明朝、後援会長、自民党流山市支部長と話し合う必要はあるが、私のなかでは「中止」という線で気持ちは固まりつつあった。

クタクタになって遅くに帰宅。
[PR]
by takeda-hashiru | 2011-03-11 23:59 | 地元行事・地域活動 | Comments(0)
<< 事務所開き 中止いたします。 お詫び >>