県内震災被災地 視察

b0116758_0142796.jpg平成23年4月26日火曜日
晴れ

千葉に宿泊した。
8時すぎに千葉県庁に到着。
本日は県土整備常任委員会所属の自民党有志による被災地視察。
9時からワゴンに乗って県庁を出発。

まず香取市利根川にはじまり、
銚子マリーナそして県内で津波被害の大きかった旭市海岸の順で視察。

上の写真は香取市。川の手前に見える茶色の物質が液状化により地下から吹き出てきた砂。周りの建物のほとんどは住むことができない状態。

b0116758_0153285.jpg左は、銚子マリーナの様子。少しずつ増やしてきた桟橋5本の全てが崩壊。








b0116758_0201846.jpg





最後は、旭市のとなりの匝瑳市での衝撃映像。
私が指差している左の建造物は津波で流されてきた「橋」。
平行して架かっていた2つの橋のひとつが津波の力でもげて流され、となりの橋の上にきれいに乗った状態。流された橋の重さは120トン。改めて津波の威力を知ることができる。
恐ろしい!
ちょうど1車線分のスペースが空けられているため、自動車による行き来は可能であった。

GW明けから県議会にて震災対策についての議論がはじまる。その前に現地を見ておくことは有意義であった。統一地方選が終わりやっと日程をそろえることができた。今週木曜日には浦安に伺う予定。

改めて、
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げ、被災された方々へお見舞い申し上げます。
[PR]
by takeda-hashiru | 2011-04-26 23:59 | その他 | Comments(2)
Commented by masa32 at 2011-04-28 15:05 x
こんにちは
千葉県でもこれだけの被害があったのですね。
早い段階で復興できるようお願い致します。
Commented by takeda-hashiru at 2011-04-28 18:16
masa32 様
コメントありがとうございます。
本当に現地は大変な状況でした。

道路や橋などのインフラ整備はもちろんのこと、
野菜は魚への風評被害対策、復興財源の確保など、国政・県政・市政の垣根なく、政治の役割は大きいと思います。
頑張ってまいります。よろしくお願いいたします。
<< 流山市身体障害者福祉会 総会 県盛会役員会 >>