千葉県産業振興センターを訪問

平成23年7月22日金曜日
晴れ

快適な夏日。
10時から、流山市内の経営者と一緒に、
幕張にある公益財団法人千葉県産業振興センターを訪問。
新規事業の立ち上げに関して、実にきめ細かく丁寧なアドバイスをいただく。
有意義な時間であったと喜んでもらえてやりがいを感じた。

しかしまだまだ海浜幕張駅の周りには、震災液状化の跡が残っている。

12時30分に流山に戻って昼食。

13時30分から流山市役所にて、
8月27日に予定されている東葛広域行政連絡協議会のための事前ミーティング。
毎年恒例のこの会は、東葛地区の自由民主党所属県議会議員と各市執行部との政策協議会であり、
今回流山市からは「つくばエクスプレス東京駅延伸」と「(仮称)新流山橋」の2つが課題として提出される予定。
これら2テーマの進捗状況そして放射線問題について情報交換をする。

14時からは、政治関係者とミーティング。

15時からは、市内経済団体の会長と情報交換。

その後、市内企業2軒を廻り、自宅にて事務作業。明日予定されている県政報告の準備作業。

19時からは知恵袋さんと食事をしながら政策ミーティング。

帰宅23時。
[PR]
by takeda-hashiru | 2011-07-22 23:59 | 地元行事・地域活動 | Comments(0)
<< お祭りそして正光会 充実した一日 >>