県土整備常任委員会 県外視察2日目

b0116758_18543283.jpg平成23年11月10日木曜日
雨ときどき曇り

9時過ぎには、熊本駅から、
今年開通したばかりの九州新幹線に、視察を兼ねての乗車。鹿児島へ向かう。
駅も車両の外装も内装も素晴らしくお洒落である。

到着してまずは鹿児島港の視察。
鹿児島港は、鹿児島市の北から南へ約20キロの範囲に及ぶ7つの港区から成り立つ大きな港である。種子島や屋久島などの離島との定期便のターミナルとして、また地域経済を支える物資流通基地として、そして漁業とレクリエーションの場として大きな役割を果たしている。
実にスケールが大きい港であった。。
また埋め立てには、街中に降り注ぐ桜島の火山灰を使用しているという話にも感心した。粒の大小がまちまちのため液状化にも強いとのこと。

そして鹿児島県庁を訪問して、
鹿児島県議会の概要そして鹿児島県の河川・海岸づくりについて鹿児島県職員より詳しい説明を受ける。

b0116758_185523.jpgその後、江口浜海浜公園そして地域経済に大きな貢献をしている水産加工場・物産販売場である「江口蓬菜館」を視察。多くの人が集う活気あふれる雰囲気。

今夜は、鹿児島に宿泊。
寒い。そして街を歩けば着ているスーツの肩が白くなる。桜島の火山灰が雨に混じって降ってくる。簡単に慣れることはできない。

2日目も無事に終了。

写真上は鹿児島港にて、西田三十五副委員長(佐倉市選出3期)と一緒に。
写真下は江口浜海浜公園にて。海風が顔に冷たい。
[PR]
by takeda-hashiru | 2011-11-10 23:59 | その他 | Comments(0)
<< 県土整備常任委員会 県外視察最終日 県土整備常任委員会 県外視察1日目 >>