千葉県戦没者追悼式

平成24年10月30日火曜日
晴れ

9時からは流山市総合体育館にて開催された第6回流山市小学校ミニバスケットボール大会開会式に来賓として出席。

その後、流山市役所にて区画整理関係の要望についての現状確認。

10時半からは市内企業訪問。

13時30分には千葉市中央区にある千葉県文化会館に到着。

14時から開催された平成24年度千葉県戦没者追悼式に出席。県議会議員として献花の後、手を合わせた。

そして自席にて、さまざま思いを巡らす。

言うまでもなく、戦後の我が国の発展は戦没者の皆様方の尊い犠牲のうえにある。しかしそんな先人に対して恥ずかしい限りであるが、今の我が国は凋落の一途にあるといえる。
「経済大国」は過去の栄光である。今も昔も我が国は資源無き極東の小国にすぎない。あるのは人材だけである。「価値の多様化」を際限なく進める余裕などそもそも無い。
戦後同様、いやそれ以上に必死になって「学び」「働く」気概を持たなければ、孫や子に誇れる日本を遺すことはできない。民族の底力を信じるからこそ、努力を怠ってはならない。
政治の役割は大きい。精進を続けてまいりたい。

17時に帰宅。

夜は読書して過ごす。
明日から県土整備常任委員会の県外視察である。しっかり勉強してまいりたい。

おわり。
[PR]
by takeda-hashiru | 2012-10-30 23:03 | 地元行事・地域活動 | Comments(0)
<< 県土整備常任委員会県外視察 母校同窓会50周年記念 >>