「ほっ」と。キャンペーン

熱い友と熱い夜

平成25年6月27日木曜日
晴れ

10時から流山市役所にて情報収集。

11時から市内企業を訪問して情報交換。ゆっくりお話ししたのは10年ぶりという地元の大先輩からかなり具体的なアドバイスを受けた。

その後、市内経済団体事務所を訪問。参議院選挙に関する協力要請をする。

13時から区画整理関係の要望聞き取り。すぐにその場で県担当部署に電話をすることを心掛けている。

14時から流山市役所を訪問して、交通問題に関する要望についての情報交換とお願い。その他、流山市が千葉県と協力を得ながら進めているいくつかの案件に関して情報交換。

15時から自宅にて参議院選挙関係の事務作業。完了までには、まだまだ時間がかかりそうである。

18時30分からは市外にて会食会。熱い心を持つ仲間との交流。輪の広がりを実感した。とにかく楽しく有意義に談じ合った素晴らしい時間であった。感謝したい。

帰宅24時。
[PR]
by takeda-hashiru | 2013-06-27 23:59 | 地元行事・地域活動 | Comments(1)
Commented by 関東取締出役 at 2013-06-28 14:31 x
GHQが確認した最澄の手紙


昭和35年2月23日に荘園時代から代々守る家訓律令に下ずき
御子様(長皇子)ご誕生の礼式に合せて日本時間午前零時に
占領下の沖縄を除く日本と北朝鮮、大韓民国、台湾の
官庁や駐屯地等に在外大使館、総領事館と日本が存する朝鮮高校等から
一斉に井上家の御旗で有る=日の丸=が掲られ
占領下の沖縄を除く日本と北朝鮮、大韓民国、台湾の全ラジオ・テレビ・有線放送から
一斉に井上家の御歌で有る=君が代=が毎時零分に24時間放送され
日本が存する朝鮮高校等では校費で紅白饅頭が製作され
役員、校長から先生、事務員、用務員、家族、卒業生、生徒達が
午前零時、午前6時と始業時間に土下座平伏して聴き正座して斉唱し
確認に来た賤民朝鮮籍の衆・参議員等が周辺の支援者、学校、自治会等と校長に配給し
全に参加した先生、生徒達に配給した
真相を100条委員会で追及する活動をしませんか。


世界中で献血、臍帯血を行う人々に天皇陛下は藍綬褒章を叙され
最低4親等の出生、軍歴証明を申請し所定用紙に記入し
所轄官庁を通て宮内庁に登録すれば
個人々の家系図藍綬褒章を叙されるのは明治元年から変っていないのを憶ていますか。


<< 正光会 定例会 議論を重ねる >>