人権講演会に出席

平成25年9月8日日曜日
曇りのち雨

2020年五輪の東京決定を知る。素直にうれしい。2020年は日本再建のための時間的目標になるであろう。私もこの国を元気にするために私の持ち場で精一杯働いてまいりたい。個人的にはその頃8歳になる息子と一緒に生でオリンピック観戦ができればうれしい。

10時からは流山青年会議所主催の親子参加型イベント「歩いて探そう地域の宝!流山謎解きスタンプラリー!」に出席。沢山の参加親子でにぎわっていた。

12時からは流山市カラオケ演芸協会主催の「第37回愛のふれあいチャリティー発表会」のセレモニーに出席して、祝辞をした後に「北国の春」を熱唱。

13時30分からはアミュゼ柏にて開催された平成25年度人権講演会「知の巨人・佐藤優 人権を語る」に出席。シリア情勢や沖縄問題などを人権という視点で解析そして未来予想をするという流石の講演であった。シリアにおける化学兵器使用についても、私見と前置きしながらも、政府軍か反政府軍のどちらかが行為主体であるかを明言し、そう言い切れる背景についても解説されていた。またそこに関わるオバマとプーチンの暗闘に背筋が寒くなった。とにかく、もっともっと沢山の本を読みたいと感じた刺激的な時間であった。参加して良かった。

16時からは流山に戻り後援会幹部宅を訪問。情報交換。

18時に帰宅。

夜は読書して早めに就寝予定。
[PR]
by takeda-hashiru | 2013-09-08 17:39 | 地元行事・地域活動 | Comments(0)
<< 千葉県青少年問題協議会 道路建設地元説明 >>