「ほっ」と。キャンペーン

平成20年1月6日日曜日

本日は暖かい春日和。
今日は恐れに恐れたヂンガラ餅行事。
ふんどしひとつで直径40センチの丸い餅を温めあい、その割れ方具合で一年の豊作か凶作かを占う、古くから伝わる流山市は三輪野山茂侶神社の伝統行事である。数百名の方々が男の戦いをひと目見ようと集まってきていた。数名外国の方もいらしていた。
b0116758_21174069.jpg
こういった感じで餅を取り合う。骨折しても不思議ないぐらいの押し合いへし合い。手前左から3番目が私である。恥ずかしいことに、ふんどしがズレて黒いパンツが見えてしまっている。







b0116758_21194576.jpg
見えたパンツを隠すために、戦いの輪から離れて、しばし小休止。まわしを下げてふんどしを上げる。それにしても太りすぎであろう。














b0116758_21231063.jpg
最後は達成感溢れる表情で。何故か顔が妙に白い。
まあとにかく頑張った。餅に触っている時間は昨年より長かったはずである。コツが掴めたので来年は餅を独占できる予定。それから片づけをした後、三輪野山の地元の方々と美味しい八穀汁をいただきながら交流。いろいろなお話を伺う。

その後17時より南流山にて流山市空手道連盟の新年会に出席。

帰宅21時。身体中が痛い。痣だらけであった。
今入った情報によるとNHKの19時前のニュースにて、ヂンガラ餅行事に必死に取り組む私の姿がバッチリと放映されていたらしい。

おやすみなさい。明日から本格始動。おのずと腹に力が入る。
[PR]
by takeda-hashiru | 2008-01-06 21:37 | 地元行事・地域活動
<< 平成20年1月7日月曜日 平成20年1月5日土曜日 >>