さわやかな秋晴れ

平成20年10月9日木曜日
晴れ

午前中は公認会計士の仕事で市外で。

午後から戻って、流山市内を数軒廻る。

19時からは流山青年会議所の定時総会。
2009年度理事長としての方針、役員案そして予算案について議案説明。途中、質問に対し準備不足でシドロモドロになってしまったりもしたが、全議案とも原案通りの可決を得た。これで正式に2009年度の理事長となった。20年を超える伝統ある会であり、身の引き締まる思いである。

総会終了後の懇親会の後にいよいよ今月19日に迫った、
まちづくり事業「ヤンキー先生流山に来る 義家弘介氏講演会」の準備作業。

帰宅23時

それにしても世界金融恐慌の様相となっている。
昨日、欧米の中央銀行が同時に利下げを発表した。「各国が協調して経済を守っていくよ!」というアピールであり、資金を調達する金融機関への支援による金融システムの安定化を目指したアクションである。
加えて本日アメリカが金融機関に対する公的資金注入を示唆し始めた。政府が税金を使って金融機関の不良債権処理をするという最終ステージである。

にもかかわらず。市場は安定しない。今日もわが国の株価は下がった。閉塞感が蔓延している。注視を続けるしかない。

対してノーベル賞の受賞者たち。深く敬意を表したい。読んだり見たりすると本当に泣けてくる。今日午前中にお会いした経営者であり研究者でもある社長が、改めてノーベル賞を強く意識して頑張っていく、と仰っていた。やはりノーベル賞は研究者の夢らしく、今回の連続日本人受賞は初心を思い出させてくれたとの話であった。素晴らしいと思う。

おしまい。
[PR]
by takeda-hashiru | 2008-10-09 23:59 | 地元行事・地域活動 | Comments(0)
<< 今日も秋晴れ 初めての総務常任委員会 >>