ヤンキー先生大いに語る

平成20年10月19日日曜日
晴れ

今日は「ヤンキー先生流山に来る!子どもたちの育ちを熱く語ろう!」の本番日。

会場である流山市立小山小学校の体育館に朝から集合して準備作業。
来場者が300人を超え、大成功であった。半年近くに及ぶ準備が実を結んだ。
1時間をあっと言う間に感じさせる義家弘介先生の話術も素晴らしかった。
義家先生が講演の最後に紹介していた「自分の感受性くらい」という詩が気に入ったので、
帰宅後に早速ネットで調べてみた。

自分の感受性くらい

                      茨木のりこ
ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな        
みずから水やりを怠っておいて        

気難しくなってきたのを        
友人のせいにはするな        
しなやかさを失ったのはどちらなのか        

苛立つのを        
近親のせいにするな        
なにもかも下手だったのはわたくし        

初心消えかかるのを        
暮らしのせいにはするな        
そもそもが ひよわな志にすぎなかった        

駄目なことの一切を        
時代のせいにはするな        
わずかに光る尊厳の放棄        

自分の感受性ぐらい        
自分で守れ        
ばかものよ     



私も良い詩だと思う。おしまい。
[PR]
by takeda-hashiru | 2008-10-19 23:59 | 地元行事・地域活動 | Comments(0)
<< 一人の支援者の方と 赤城神社例大祭 >>