「ほっ」と。キャンペーン

円高株安で暗い気持ちに

平成20年10月24日金曜日
一日中雨

午前中に事務作業。
午後は南流山でお二人の方とお会いして情報交換。

さて。それにしても円高が進む。1ドル95円40銭台までになった。
これは他の国に比べ、相対的に日本の経済が安定しているという、実は誇らしい世界からの「評価」なのである。
しかし輸出が不利になる。日本円で120円のものが、ちょっと前ならアメリカで1ドルであったが、いまなら約1.36ドルになるという簡単な計算で分かる。お客さんであるアメリカ人からすると同じ日本製品が値上がった、だから買い控えるという流れにつながる。
そして輸出産業の業績悪化と暗い将来を想定して、株価も下がりに下がる。何と日経平均7649円03銭でバブル崩壊後の最安値に近づくという驚異的な下げであった。
コメントのしようがない。
週明けから持ち直すことを祈る。注視を続け、祈ることしかできない。

その他、食品の安全の問題が何が何だか分からないくらい沢山事件化している。

雨のせいもあってか、非常に暗い気分になる一日であった。
[PR]
by takeda-hashiru | 2008-10-24 22:46 | 地元行事・地域活動 | Comments(0)
<< 千葉にて青年会議所の会議 第33回 流老連 大運動会 >>