「ほっ」と。キャンペーン

北部中学校 公開研究会

b0116758_22272153.jpg平成20年10月30日木曜日
晴れ

午前中は事務作業。
午後から流山市立北部中学校にて開催された公開研究会に出席。
文部科学省および千葉県教育委員会からの委託による生徒指導の実践の発表とのこと。

まずは国語やら体育やらの12科目の授業の公開。

社会の教室では「東南アジア タイを中心として」というテーマで。先生が作ってきたトムヤンクンの試食もあったりして、中学生達も生き生きとしていた。この先生は私の八木中学校時代の校長先生の息子さんということもあったので最初に訪問。

次に道徳の教室へ。テーマは「命の尊さ」として、阪神淡路大震災での悲しい実話を題材にしていた。対する生徒達の反応も、感受性豊かでそしてまっとうで安心する。

次に、体育館にて生徒たちによる和太鼓「流北太鼓」のアトラクションを鑑賞。力強く実に素晴らしい。
その後、全体会と称して約200名参集した地域の方々に対して研究成果の発表会。来賓として紹介された。

かなり充実した盛り沢山の内容であった。
中学2年のときの担任の先生に20数年ぶりに偶然バッタリ再会したりもして刺激的であった。

それから18時には自宅に帰宅して麻生総理の記者会見に見入る。選挙は先延ばし?ハッキリとそう言った?

そして19時30分からは流山青年会議所の理事会。

おしまい。
[PR]
by takeda-hashiru | 2008-10-30 23:59 | 地元行事・地域活動 | Comments(0)
<< 気がつけば10月も終わり さわやかな駅頭 >>