平成19年9月13日木曜日

b0116758_1919614.jpg
涼しい。やや湿気があるものの、強烈な残暑ではない。すごしやすくて何よりである。
風邪をひかないように気をつけたい。

さて本日は、13時30分より、千葉県庁にて一般質問のための調査研究。
昨日作った骨子をベースにして、17時まで、入れ替わり立ち代り県職員にヒアリング。
その結果、大体の質問項目が決まった。

質問項目は4つ。
①千葉県の企業誘致政策について
②千葉県の小児救急医療制度について
③つくばエクスプレス沿線の区画整理について
④流山新橋の早期建設について。

要望事項としては、野田松戸有料道路の無料化に伴う旧県道の移管について。

①は国からの援助(地方交付税等)があてにならなくなってきた現在、やはり財政再建のために企業からの税収確保、雇用の創出を絶え間なく目指すべきであるという内容。
②は私の選挙の公約である。
③、④はいうまでもなく、現在の流山で最も重要な県の仕事。

この方向で、来週をめどにして文章をまとめていく。原稿用紙にして15枚から20枚程度が目安である。早速明日から取り掛かりたい。

それにしても、早くもポスト安倍の報道が白熱している。政治の空白は一日でも少ないほうが良いのはもっともであるが、国民の皆様に納得感のある自民党総裁選にしてもらいたい思いである。

帰宅19時。今日は仕事を切り上げて出来るだけニュースを見たい。

写真は千葉県庁内の自民党控え室でのひとコマ。先輩議員が、無所属から自民党会派入りしため、私の席も移動となった。
[PR]
# by takeda-hashiru | 2007-09-13 20:04

平成19年9月12日水曜日

だいぶ涼しくなってきた。残暑なく秋本番に突入するのかと思わせる。

午前中から一般質問の勉強。

昼食を自宅でとって、休憩中に電話をいただき、安倍総理の辞任を知り慌ててテレビをつける。

本当に驚いた。

安倍氏とは4回ほど近くでお目にかかったことがある。幹事長時代には、衆議院選挙の応援で流山に2度もいらしている。上品ではあるが、非常に芯の強い人という印象を持った。参議院選挙の大敗もものともせずに実績作りに邁進する姿勢を見せた際にも、その芯の強さを感じた。

だからこそ、どうしてこのタイミングなのかが良く分からない。内閣を改造して、国会を召集して、所信表明をした後の、いよいよこれからというときに・・・
いずれにしろ国会は当分の間、混迷を極めることになるであろう。経過をしっかりと見守りたい。自民党としても正念場である。政権政党として責任ある事態の収拾をしなければならない。

14時から流山市役所の土木部にて、流山新橋その他についてヒアリング。
その後、副市長と自民党千葉県連の移動政調会についての打ち合わせ。それから流山市議会の会派「流政会」の控え室にて数名の市議の方々とお話。

16時より、市内の支援者数名を廻り、
18時に帰宅。その後一般質問の準備作業をしていた。23時には骨組みが出来上がった。明日は、この骨組みをもって県庁の職員と打ち合わせをする予定である。

「政界一寸先は闇」 古くからの言葉が説得力をもつ。そんな一日であった。しんみりとする。
[PR]
# by takeda-hashiru | 2007-09-12 23:30

平成19年9月11日火曜日

b0116758_2314873.jpg
今日は朝から情熱的に仕事をこなす。
午前中は一般質問の準備。昨日とうって変わって能率よく進む。

14時より、南流山は、かえる公園そばの流山区画整理事務所に行って打ち合わせ。
この事務所にて、千葉県施行の流山市内の区画整理(木地区、運動公園駅周辺地区)は進められている。
その後、流山市内の方と市内商工業の活性化についてお話、
15時30分には自宅に戻って、またまた一般質問の準備作業。まだ目鼻は見えてこない。

18時30分より、「茶豆蘭」にて自由民主党流山市支部の役員会。
自民党の青年部の強化について話し合う。安部政権も正念場である。場合によっては衆議院選挙が早まるかもしれない。党員として心を引き締めていかなければならない。

帰宅22時。充実した一日であった。体調も完全復活といってよい。

写真は、流山区画整理事務所の前にて。

<読んだ本>「アメリカン・デス・トリップ上巻」 ジェイムズ・エルロイ 著 田村 義進 訳 文春文庫
救いようのないアメリカの暗部を描いたお話。生きるための活力は得られないが、暗黒小説の金字塔とされる作品だと知り、一応チェックしてみた。
[PR]
# by takeda-hashiru | 2007-09-11 17:25

平成19年9月10日月曜日

本日は一日かけて自宅にて一般質問の準備をしていた。
集めた沢山の資料に目を通して、論点をまとめていく。
つもりであったが、成果は今ひとつ。もしかしたら何もしてないとも言える悲しい結果。
子供の頃からの悪い癖で、ギリギリにならないと集中できない。そのときの集中力には多少の自信があるのだが。
しかし議会の壇上で30分近く話すための原稿を作るという作業は初めてなので、あるいは既にギリギリのタイミングに入っているかもしれないとも思ったりする。正直言って焦りはじめている。自己嫌悪デー。

ということで。今夜は読書します!そして早めに寝ます!
おわり。
[PR]
# by takeda-hashiru | 2007-09-10 18:55

平成19年9月8日土曜日

b0116758_23452249.jpg
本日は市内のたくさんの中学校で運動会が開催されている。
選挙運動的には、効率よく一つでも多くの学校をハシゴするべきなのであろうが、我が母校八木中学校の運動会だけに出席しようと決めた。

8時30分に会場に到着。グランドに足を踏み入れたのは20年ぶりである。
昔は広く感じた運動場も、こんなものかという感じ。
受付を済まして、挨拶をしようとした校長先生は、何と私の中学時代の数学の先生であった。先生も私を覚えてくれていて、満面の笑顔で自然と握手を交わす。

中学生の目から見ても、この先生はスジの通った方であった。竹刀を持ち歩いて、いかにも「鬼」みたいな先生が私には叱るが、気合の入った不良連中にはおとがめ無し。大人社会でもよくあるゲンナリとする光景。しかしこの先生は違った。生徒を見る目はまっ平らで、どんな生徒にも叱るときには叱る。少林寺拳法で鍛えられた身のこなしに畏怖を感じたものだ。今では選挙で力をくれる元不良同級生も「あいつだけはヤバイ。」と言っていたのを記憶している。

偉そうなことを言うが、やはりこういう骨のある先生こそが校長先生になるべきなのだと思う。

余談であるがその後の私の人生で「少林寺拳法」と聞くと、この先生を思い出していた。

来賓席を離れて父母席を廻ると、結構同級生もいた。
同級生なのにもう中学校のお子さんがいるのかと思うと感心するやら、焦るやら。

母校は心温かった。身体の小さな子が当時の私自身であるようにも見えた。そして卒業後の私の20年間を讃えてくれているような気がした。
ヤンキー先生でなくとも母校には時々帰るべきだ。母校の近くに住み続けたほうが良い。

その後、
とある所の標識が折れ曲がって通行者に危険との情報により、現地に出向くものの確認できず。後日に再確認する必要がある。

それから、流山市内の支援者宅を数件廻り。
午後より休暇とする。

ガスター10を飲んでから体調が回復してきた。単なる胃腸の疲れだったのか。油断せずに完全回復をしたい。
[PR]
# by takeda-hashiru | 2007-09-08 14:18

平成19年9月7日金曜日

b0116758_1848088.jpg
10時30分より、
千葉県庁となりの自民党千葉県連会議室にて、自由民主党の議員総会。
台風の影響で5分ほど遅刻してしまう。交通機関は実に脆(もろ)い。台風があるたびに自然の大きさ(人間の小ささ)を痛感させられる。

議員総会の内容は、9月21日より開会となる9月議会の議案説明会。
24つの議案と3つの報告について、堂本知事より説明を受ける。

議案のうちで大きなものは補正予算である。
地方交付税等の減少などを反映して、一般会計で64億円の減。これにより財政不足見込み額が、当初予算段階での約168億円から約200億円となったとのことである。
小泉政権の「三位一体改革」により、地方交付税などの国からの援助は当てにしてはならない時代になった。そのためにも千葉県経済を活性化し、独自の財源を増やしていかなければならない。

その他の議案として、
『「流山中央高等学校」と「流山東高等学校」を統合し、「流山おおたかの森高等学校」とする』
という流山市民にとって身近なものもあった。

その後、当選一期目の同期の県議7名で、県庁近くのそば屋さんにて昼食。ソバとヤクミとツケジルが一つの箱に入っている「箱そば」大盛り(650円)を食す。

午後は自民党控え室にてじっくりとお仕事。
地元流山からの質問事項について対応する。まず、その質問事項が県庁のどの部署の担当なのかを確認、そして部署の担当者より説明を受け、資料をいただく。資料を読み込んで理解し、その場で地元の方に連絡して報告。という流れで3件を片付ける。テンポ良く進んで気持ちが良い。

気がつくと、先ほどまで沢山の人がいた自民党控え室も、私と八千代市選出の西田譲県議の二人になっていた。私同様、西田県議も今回初めての一般質問をするとのことで準備に追われているとのこと。西田県議の車で千葉駅まで送ってもらう。

その後、総武線で西船橋で降りるところ乗り過ごしてしまった。

帰宅19時。

それにしても体調が今ひとつ。仕事にバリバリ取り組んで荒療治するしかないだろう。

写真は議員総会の模様。隠し撮りのように撮っているので分かりづらい。
[PR]
# by takeda-hashiru | 2007-09-07 23:11

平成19年9月6日木曜日

b0116758_18365753.jpg

午前中は方々に電話をかけてまわる。
沢山電話で話したせいで、耳のあたりが押しつぶされて痛い。

12時より柏の葉さわやか県民プラザにて、「日本・トルコ友好親善 展示会」に来賓として出席した。陶芸作品とトルコの風景写真とのコラボレーション。すっきりと良い感じ。
そして松戸、柏、流山の方々が沢山いらしてオープニングパーティー。突然、来賓挨拶を指名され、「芸術は国境を超える」などと月並みのことを話してしまった。恥ずかしい。

14時より 流山市内の方と商業活性化についてミーティング。

18時あたりにいったん帰宅。すると東葛国際映画祭にて汗と血を流し合った盟友にして俳優の川本淳市氏より電話。今後の映画祭の方針について話をする。良い先手を打っているようで頼もしく感じる。

夜は19時30分より流山青年会議所の理事会。台風の中、24時まで会議をした。

その後、楊州商人にて、ねぎラーメン(800円)。台風を恐れつつ慌てて麺を流し込む。

帰宅25時。

夏バテからの完全復活が今週の課題である。
[PR]
# by takeda-hashiru | 2007-09-07 01:27

平成19年9月5日水曜日

b0116758_22101366.jpg
風邪は、治ったようだ。
しかしどうにもいつもの調子が出てこない。ふと気がつく。これが「夏バテ」というものなのではないか?生まれて38年にして、初めての夏バテを経験している。
やはり人間、健康が第一である。気をつけていきたい。

午前中に資料整理、その後、市内の方とお会いした。

昼過ぎより千葉県庁を目指して、南流山から武蔵野線に乗る。
すると、以前住んでいた南流山3丁目の方と数年ぶりにバッタり。
「当選本当におめでとう。もう一年ぐらいになるかしら。」
「いいえ、まだ4ヶ月です。」
「あらそう。選挙が沢山あるから分からなくなっちゃた(笑)、とにかく頑張って!」
会計士として独立開業した8年前、その方には毎日のようにお会いしていた。南流山から新松戸までのわずか2分間の会話ではあったが和やかな気分になった。

そして13時30分より、私の一般質問に関して県の職員と打ち合わせをした。

そして14時より自由民主党千葉県連による医療に関する勉強会に参加した。
講師は千葉県がんセンター長 竜崇正先生。
現在の千葉県の医療がいかに深刻な状況にあるのを知って驚く。

日本の医療は、もともと医師の労働加重(医師不足)の状態にある。
対人口10万人あたりの医師数は、日本206人、アメリカ240人、イギリス230人、フランス、ドイツ共に340人。
そのなかでも千葉県は、全国平均の206人を大きく下回り152人で全国都道府県中37位!
もっと凄いのは看護師数。同じく人口10万人あたり、411人(全国平均595人)で全国46位(ビリから2番目)という悲惨さ。

われらが千葉県。確かに様々問題はあるものの、首都東京に近く、他の地方よりは恵まれているはずだという、おぼろげな甘い自己認識は打ち砕かれる。

手数(てかず)不足である医師不足は、医師の過酷勤務をもたらし、更なる医師不足を促す。

医療圏は複数の市町村をまたがることから、それら市町村単独の頑張りで充実させることは不可能。「千葉県の医療問題」は、正に「千葉県政の問題」であることを知る。最大会派自民党千葉県連として責任をもって取り組まなくてはならない。

私は議会において健康福祉常任委員会に属し、自民党千葉県連において健康福祉部会の副部会長を仰せつかっている。また選挙においては「小児救急医療の充実」を訴えて当選した。
しっかりと勉強し、問題解決に向けて取り組んでいきたい。
「県民の健康を守れない県に人は住まない。」

16時より自民党議員控え室にて、若干の調べものをした。議員控え室にいると久しぶりに同期の県議会議員と会えたりして、近況報告に花が咲く。

19時帰宅。

<読んだ本> 「道頓堀川」 宮本輝 角川文庫
[PR]
# by takeda-hashiru | 2007-09-05 19:40

平成19年9月4日火曜日

どうにもまだ体調がすぐれない。
風邪の完治を待って安静にしていた。

新聞によると今年の8月は千葉も記録的な猛暑だったとのこと。私にとっても当選後初めての夏で、こんなにも流山市内に沢山のお祭りがあるのかと・・・
しかし月のうちの28日が30度以上の真夏日というのには驚いた。
それにしても経済というのは「暑いときは暑く」、「寒いときは寒く」なければ、準備していた商品在庫が売れない。景気に与える影響としては良かったのではないか。

まとまりませんが、今日はこのあたりで。
明日からバリバリと予定をこなしていきたい。
[PR]
# by takeda-hashiru | 2007-09-04 22:54

平成19年9月3日月曜日


b0116758_22514231.jpg今日は風邪を治すために一日安静にしていた。
楽しみにしていた地元同級生との飲み会も延期にした。
9月議会にて予定している一般質問の準備などを考えるとコジらせたくないため大事をとった。

ところで一般質問というのは「県政一般に関する質問」の略。県議会議員が県政に関する様々な問題について、知事や部長など行政の執行機関に質問することである。もちろんただ分からないことを質問するということではなく、行政のあり方、仕事の進め方に対し、議論をし、新たな提案をしていく。千葉県議会では議員の持ち時間は30分。30分の内容ある質問を作るために、十分に調査研究をしなければならない。今日も自宅で資料の読み込みをした。

それにしても農水大臣辞任。またかという気持ちだ。ともあれゴタゴタを乗り越えて新内閣には沢山の仕事をしてもらいたいという思いである。

さておき今日も早めに休んで、明日からは復活したい。
おやすみなさい。

*写真は本日の活動とは関係ありません。
[PR]
# by takeda-hashiru | 2007-09-03 12:15